カウンター

2016.3.14
祝 柏木君(B4)が鎌田泉賞を受賞しました。
2015.10.15
祝 中山さん(M1)が日本味と匂学会第49回大会最優秀ポスター賞を受賞しました。
2015.4.1
岩田君(PD)と山下君(DC1)がそれぞれ日本学術振興会特別研究員に採用されました。
2015.3.18
小河君(M2)の研究成果がBMC Genomicsに掲載されました。
2014.08.11
岩田君がChorafas賞を受賞しました。
2014.01.16
山口君、山下君らの研究成果がBMC Neuroscienceに掲載されました(モネル化学感覚研究所松本先生らとの共同研究)。Faculty 1000に選ばれました。
論文はこちらから
2013.10.07
山口君、山下君らの研究成果がBioscience, BioTechnology and Biochemistryに掲載されました(モネル化学感覚研究所松本先生らとの共同研究)。Faculty 1000に選ばれました。

Introduction

VNO_DiI.jpg

嗅覚・化学感覚研究
 嗅覚は、生命維持のために必要な様々な動物行動に密接に関与し、進化の過程で原始から現代に至るまで保存されてきた感覚です。廣田研究室では、遺伝子工学・発生工学とバイオイメージング技術を組み合わせたマウス遺伝学的手法を用い、嗅覚を中心とした化学感覚神経系の謎に分子レベルで迫ります。

化学感覚研究へLinkIcon

Tg microinjection.jpg

人工ゲノム・ゲノム工学研究
 ゲノム解読の進展に伴い、非コードDNA領域を含むより長大なゲノムDNA領域の機能解析が重要性を増しており、そのための巨大DNA操作技術を含む新たなゲノム工学技術の開発が必要である。当研究室では、枯草菌ゲノム(BGM)ベクターを用いた遺伝子操作技術の開発とその応用研究をおこなっています。

人工ゲノムベター開発研究へLinkIcon

Contents